いつものように...

この度の北海道胆振東部地震においてお亡くなりになられた方のご冥福を

心よりお祈り申し上げます。

また、お怪我をなされた方、被災なされた方々が一日も早く快復なされま

すよう同じ道産子として切に願っております。

 

daわんもやっと、「何時も通り」に戻りました。

 

ただ.....怖いよね、余震。

 

多くのwanが、一番居心地が好くて安全なはずのお家が大きな音を立てて

揺れたから未だ不安が続き、中には体調を崩しているwanもいらっしゃる。

 

優しく体に触れながら話しかけてあげてくださいね。

食欲がない時は無理に食べさせようとせず、少しだけワガママを許し、消

化が良くて好む物を。

焦らず、ゆっくりと何時もの毎日に戻ってくださいね。

 

私もこの様な大きな地震と数日間の停電を経験し、人様の温かさ「困った時

はお互い様」の反面、醜さ「自己中」を見、改めて考えさせられる今。

残念ながら私は今回、助けられる側、支えられる側でした。

それも友人・知人ならともかくお客様から。

 

「アルバ連れてお風呂入りにおいで!」

「充電しにおいでよ」

 

そりゃ、いくらなんでもお客様のお宅で風呂や充電なんぞねぇ(汗)

丁寧に、やんわり遠慮していると....

 

 

懐中電灯にバッテリー、淹れたてのコーヒーとお菓子におにぎり。

そして、海の向こうのお客様やお取引先様からの安否確認と励ましのメッ

セージ、たくさんの温かいお心を頂戴いたしました。

 

あの日から間もなく二週間。

色んな情報や色んなご意見、それぞれのお考え。

きっと全てが穏便に済むことはないのだろうけど、お亡くなりになられた

方々の無念を思い、その方々の分も道産子らしく、強く優しくいつもの様

に暮らして行ければと私は思います。

 

ある方の投稿で気に入ったフレーズ。

 

     人生は

          「ありがとう」に

                   気づく旅

 

| dawan | - | 14:57 | - | - | -