16歳

今日は、私とアルバにとっては特別な日。

 

スーパー獣医師お二人の献身なサポート、南の島の御守、毎週末に様子を見に来てくださるアルバの彼(笑)、ご来店の度にアルバを案じてくださるお客様たち。

 

たくさんの方々にお支えいただき、優しさに包まれながら令和元年9月9日の今日、無事に16歳を迎えました。

 

 

初めての一人っ子生活も一年が過ぎ、食べ物を奪い合う相手もいないもんだから超〜わがままっ娘。

大きな声じゃ言えないけれど、ドッグフードはまさかのトッピングで主食はお肉とおやつ。

 

獣医師の「出来ることは全てしてあげなさい!」

そんなの分かっちょるわぁ〜っ! 出来ないことだって無理して頑張っちゃうよ!

 

私は日々、アルバのメイドの如く「あらっ?今日はこの食事はお気に召さない...ではコチラはいかがでしょうか? ハイ、ハイ次はお水でございますね」と、こんな感じの毎日を過ごしております。

後ろ脚が不自由なので自力でお水を飲むことが出来ず、オムツの交換も小まめにしなければいけません。

お留守番は3,4時間が限界でしょうか...。

休みの日はダッシュで用を足し、けして豪遊などいたしません。 見事に酒量も激減!

仕事以外は、ほぼ引きこもりですがとにかくアルバの傍にいたい。

とても穏やかなシニアライフを一緒に過ごさせてもらってることに幸せ感じています。

 

毎日一緒にお店に来て、ただ寝て食べてるだけだけど一緒がいいよね!

 

 

事務所ではこんな感じ(狭くてすみません・汗)

 

重度のアレルギーから始まった犬生だけど、たくさんのことを教えてくれた。

今も介護に関して色々と教えてくれているし、容量が少なく劣化してきた私の脳へも知恵を付けてくれている。

daわんを築いた一番の功労者であり、一番の権力者(犬)なのよね。

これからもお付き合いのほどヨロシクお願いしますね!

 

【追記】

まさか.....週始まりなのに、アルバの彼がプレゼントを持ってお祝いに駆けつけてくださいました。

 

 

アルバもビックリ!だけど暫しのlove love!

 

いつも見守ってくれてありがとう朱ちゃん。

もう少しだけお父さんをお借りしますね。

| dawan | 麦と私と子供達 | 12:07 | - | - | -