アルバより

新年 明けましたね!

皆さん、どんなお正月を過ごしましたか。

 

私はあの日ね、大好きな人の元気な顔を見れたし、初めてお会いするお客様や、いつものお客様とたくさんのwanたちに会えて「頑張ってるね!」って、いっぱい優しいお言葉をいただいて、ナデナデしてもらって嬉しかったし安心しちゃった。

 

だからね、新しい支店の準備をするために「虹の橋のたもと」でチョット頼りないお兄ちゃんたちと一緒にお母ちゃんを待つことにしました。

 

 

そぉ、「daわん天国支店」に永天になったの。

 

 

短い間だったけど、毎日お店に行くことがとても楽しかったです。

 

元気なwanたちに活気をもらったり、マッタリ添い寝をしてくれたwan、食欲がない時に美味しい差し入れを作ってくれたり、難なくお母ちゃんが私の介護を出来るようなアイテムを作ってくれたmamaさんたち。

そして毎週毎週グルグル回って会いに来てくれたpapaさん。

 

本当に、お世話になりました。

本当に、本当に幸せな犬生でしたよ。

 

これからは、爽やかな風を届け、夜はピカピカのお星様となって多くのwanたちを見守っているからいっぱいいっぱい幸せな犬生を安心して過ごしてくださいね。

 

私とお母ちゃんが築いてきたdaわん、これからは優しいありちゃんと、かなり頑固だけど泣き虫なお母ちゃんだけになっちゃうけど、どうかこれからもよろしくお願いします。

 

 

2019年12月29日 アルバ 16歳 

「daわん天国支店」オープン準備のため旅立ちました。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

多くの皆さまへお知らせするのは「松の内が明ける頃」が、陽気なアルバの願いと思い本日に至りました。

 

本来ならば「お気持ちはご遠慮ください」と、申すべきかと存じますが、最後の最後まで主力製品を試し、安全性を身をもって伝え、強さと優しさを教えてくれたアルバの功績を讃え、「ありがとう!」と「お疲れ様!」のお言葉を頂戴出来ましたら幸いです。

 

最後に.....

アルバを献身的にお支えくださったスーパードクターのお二人。

いつもアルバを案じてくださった皆さま。

アルバが犬生を全う出来たのは多くの方々のお陰でございますことに心より感謝を申し上げます。

 

きっといつの日かココで色々なことを書ける日が来ると思っています。

しかしながら覚悟もしていたし、頭では理解出来ていても吐き気がするほど涙し、頭が痛くなるほど号泣し、心が追い付かないズタボロな毎日を過ごしているのが現状ですが、幸いにして時は流れ、朝が来ます。

どれだけの時間を要するかは私にも分かりませんが、焦らず、ゆっくりと、またおバカな私に戻ることがアルバとお兄ちゃんたちの願いと考え、少しずつ前に進み、アルバと一緒に歩んだ楽しく元気なdaわんに戻るべく頑張ります。

 

どうか、今しばらくお時間をくださいませ。

 

| dawan | - | 16:45 | - | - | -